知らなくてもいいんですが、奇数月は大相撲が行われる月

一時期の閑散とした会場から一転、満員御礼が続く大相撲。先々場所は大関豪栄道が日本人力士として優勝しましたが、そろそろ稀勢の里にも初優勝をしてもらいたいものです。そして若貴以来の日本人横綱誕生を見てみたいと思うのは、大相撲ファンならきっと同じ。しかし白鵬を初めとする横綱陣は簡単に優勝させてはくれないでしょう。昔から地位が人を作るといいます。横綱鶴竜は大関の間は稀勢の里より幾分劣る印象でしたが、横綱に昇進後に何度か優勝してますから、たしかに地位が鶴竜を作った。つまり強い責任感を引き出し、それが結果に繋がったのでしょう。昨年は大横綱の北の湖理事長や元千代の富士の九重親方がお亡くなりになり、少し寂しくもありましたが、この頃は力が拮抗し随分見ごたえがあり、ファンの期待に応えられることを亡きお二方も安堵しているでしょう。いよいよ今年最初の場所が始まります。誰がというよりも、いい相撲が沢山見られると嬉しいですね。と言いつつ稀勢の里には初優勝してもらいたいのですが。